ホメオパシーのアプローチとフードセラピープログラム

ホメオパシーのアプローチとフードセラピープログラム

今日も楽しいギャザリングで自己紹介をする機会があり、そんな機会があるたびに私がこれから何をしていきたいのか?どうしてそれをしたいのか、がクリアになっている気がします。

Team photo

 

 

私はホメオパシーという素晴らしいツールを使って、自分を知り、自分らしく生きること、また世界で一番大変で(笑)楽しいお仕事である育児を楽にするサポートをしたいと思っています。

みんなの家庭にホメオパシーのレメディがあったら、子供が熱を出した、ケガをした、嘔吐した、とにかく機嫌が悪い、育児に疲れはてた、旦那がうっとうしい(笑)、、、そんな困った時に大きなサポートになるからです。お薬や病院にお世話になる前にママができること、これがあるだけで安心感に繋がります。またレメディを選択するためには、お子さんの様子をじっくり観察する必要があります。ご自身なら心の中で何が起こっているのか、なぜイライラするのか見つめるきっかけになります。

実はこの観察、見つめるプロセスというのがホメオパシーではとっても大事で、ヒットするレメディを選ぶ最初のステップになるのです。

普段は、熱がでたら解熱剤、風邪をひいたら風邪薬、頭が痛かったら頭痛薬、と、かなり体の声を無視した対応をしていませんか?体は意味があって症状を出します。その意味を考える、また、ただ「痛い」だけじゃなくて、どう痛いのか(シクシク?ズキズキ?重い痛み?針を刺したような痛み?)どこが痛いのか、いつから痛むのか、何時頃悪化するのか?どうすると楽になるのか?ということをじっくり観察するだけで今まで気づかなかったことに気づくことがあります。メンタルな要因とか、自分のくせ、とか、いつも右側に症状が出るとか、、、それが思いも寄らずに自分を知ることに繋がり、また自分をいたわることにつながるのです。

痛い=薬、じゃなくて、「昨日は無理しちゃったから体が悲鳴をあげているんだな」とか、「休めのサインだな」とか、「自分ではなんともないと思っていた誰かの一言でも、実はすごくこたえていたんだな」とか、「暴飲暴食しちゃったから肌に出てるな」とかね。そんな体の声を理解した上で、自然由来のものから作られたホメオパシーレメディが自己治癒力のサポートをしてくれますから効果は倍増です。

特に私は心と体の症状の繋がりを重視するホメオパスですので、ホメオパシーを心の代替医療と思っています。心と感情をしっかり見つめていくことで、症状の改善のみならず、自分を知り、自分らしく生きることができるようになってしまいます。そうホメオパシーで人生が変わった自分の体験をたくさんの人に知ってもらいたいなと思っています。

同じビジョンを共有するマーシャン祥子のフードセラピーコースでは、第1週目の自然療法セクションのホメオパシーを担当しています。「ママのためのレメディキット」またこれから販売を開始する「女性のレメディキット」もプログラム参加者の方はディスカウントが適用されますので、お見逃しなく!!

*************************************************************************

《8週間で 子育てが楽になるFood Therapy オンラインプログラム》
ついに第3期の募集が開始しました。

子育てや料理のイライラ、義務感、罪悪感を食生活とライフスタイルの改善で笑顔とワクワクに変える魔法のプログラムと参加したママも絶賛。

なんと7割の参加者が繰り返しプログラムを受け続けるという選択をしています。

毎週届くゆるい食育講座とずぼら料理のレシピに加えて自然療法、ヨガ、アロマ、マインドコーチングなど、幅広い範囲でママにとって必要な部分だけど絶妙にまとめたプログラムです。

私から見てこのプログラムのすごいところはなんといっても、普通のママの枠組みをぶっ壊してくれるところ。(よいママ像に縛られて苦しかったときにこんなプログラムが欲しかった、、、)

参加したママ達は8週間後には、自分の夢もビジョンもクリアになりグルテンフリーやシュガーフリーのおもてなし料理をささっと作れるできるママに変身しちゃいます。

詳細お申込みはこちらから

あなたのご参加をお待ちしています。

自分らしく輝く世界を一緒に作っていきましょう❤️

 

 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA