オーラソーマ・レベル1

オーラソーマ・レベル1

おはようございます。今週は8年越しの願いが叶ってオーラソーマ・レベル1のコースに参加中です。

そう実は同じコースを2010年の最初に参加する予定で2009年から申し込んでいました。コースの1、2週間前に夫が突然亡くなってしまいコース参加はお預けになってしまったまま8年近くの歳月が流れました。

この時間は私にとって激動の8年、生と死を見つめ、子供達の病と向き合い、そして自分ととことん向き合ってきた日々でした。

コースは毎日本当に深い部分にタッチして、普段の思考の世界から離れ、遥か彼方の記憶が呼び起こされるような感覚です。毎日美しいボトルに囲まれているのが本当に幸せ。

人間の目で見える色の範囲は可視光線と呼ばれ、いわゆる虹の色の部分。それ以外の見えない波長は可視光線より長い波長の赤外線、短い波長の紫外線、X-Ray といったものが存在しています。科学ではこれらは一般的にグラフのように説明されています。

でも私たちが見える色にマゼンタという色があり(美しいブーゲンビリアの色)カラーチャートで見るとそれは紫色と赤色を合わせた色。この左のグラフでいうと一番右の赤と一番左の紫を合わせた色です。

科学が(現在)証明する波長では、その波長は存在しない波長なのだそうです。私たちが見える波長の短い方の限界と長い方の限界を合わせた色、マゼンタ(赤紫)

私はいつもそんな怪しい部分がツボで、化学を超えたこの世界の何かに触れると魂が喜ぶのです。そしてマゼンタの持つ波動は Divine Love 無条件の愛、まさに人間が知り得るレベルの愛を超えた愛なのかもしれません。

オーラソーマはホメオパシーの同種療法とも共通の概念が多く、クリスタルともつながり、まさに愛子ワールド(笑)

最初の写真はインナーチャイルドを癒すボトル達。クリア・ペールピンクのボトルはまさに母の無条件の愛を表し、それが受け取れなかったように感じて傷ついてしまった私たちの心を癒してくれます。まさにローズクーオツのエネルギーだなあ〜っと思っていたらマキさんもローズクーツのお話しをしてくださいました。

今回、シドニーからこのコースのために来てくださったマキさんですが、オーラソーマも占星術も読みが深くて本当にその方の真髄のテーマを理解してお話ししてくださるので、コース中もたくさんの浄化が起きています。(個人セッションやクラスはリンクをクリックしてみてくださいね)

今日と明日で終わりなんて悲しすぎる。。。

私の選ぶボトルもだいぶテーマが落ち着いてきて、自分のテーマやこれからのチャレンジ、そしてつながる先のゴール、そんなものももう少し理解できたらシェアしたいと思います。

 

 

 

 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA