パズルのピース(ホメオパシーを学ぶきっかけ)

q

パズルのピース(ホメオパシーを学ぶきっかけ)

私がホメオパシーという言葉を聞いて、興味を持ち出したのは2008年頃。その後知人からドイツのマリエン薬局でレメディが買えると聞き、ブレンドされたレメディやカレンジュラクリーム等を購入して使っている程度でした。q

2011年の震災後に、「明日が来るか分からない命なら、後悔のない生き方をしよう」と決めて、ホメオパシーの1日コースに出た時に、ガッツーンときてしまったのです。

その時のブログ記事はこちらです。

ここでは、パズルのピースがはまるって言ってますが、今から思うと、宇宙の美しい神秘、法則というパズルのピースを見つけてしまった感じ。

ああ、これはもうやるしかないなって(笑)授業料を払える見込みもない、勉強時間を作れる見込みもない、ないない尽くしだったけどやると決めた瞬間でした。

その時はまさか自分がホメオパスになるとは夢にも思いませんでした。ただ知りたいから勉強したい、それだけ(笑)そして10年計画って自分で言ってますね。すごーく苦しみもしたし、途中で一回諦めた。けど、やっぱり導かれて4年半で勉強を終え、2016年から晴れてホメオパスとして活動できることになりました。自分でもすごーい!!

自分のミッションだったのかな?で、ミッションを突き進んでいると、必要なものがぜーんぶ与えられるっていうのも体験させてもらった。パズルのピースが集まれば、集まるほど、ピクチャーが見えてくるって感覚。特に今年は加速しているよね。実際にクライアントさんとお話しをしていく中で、毎日、そうだったのかー!なるほどー!わかったー!って感覚の連続。そしてね、宇宙の真理の全容を理解できるのは、この体を去る時なんですよ!

最後のピースが見えて、あああ〜、そうだったのか。って納得して本来の自分を本当の意味で思い出す瞬間は死の時なのです。

だから私は死ぬのが楽しみで仕方ないんですよ。それはね亡夫に再開できるっていうのもあるけど、亡夫だけじゃなく、すべての命とつながり一体に戻れるエクスタシーが待っているのを知っているから。

死にたいと思ったことは数え切れない。でも今は生き切るのが楽しみ。その時は誰にも分からない、でも私は、それが明日でも怖くないし、後悔もない。今、最高に楽しいから(笑)

みんなが自分らしく、自分を生き切る、ことができるように自由に楽しくなったらいいな、と思っています。だから私は私の持っているもの、知っているもの、をぜーんぶシェアしていきたいと思います。

今日も最後の素敵な1日を。

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA